HowTo |【基本マニュアル】

マルチカラー基本1【色相の調整方法】

LumickColorのマルチカラーシリーズでは、2つ以上の色を混ぜ合わせることで絵の具のように新たな色を作り出すことができます。 いくつかのポイントを抑えることで、どなたでも自由に光を操ることが可能になります。

色票の見方

LumickColorでは、何に(ベース蓄光顔料)、どの色を(着色番号)、どの位着色したか(着色濃度)で表されます。植田屋が提供する資料やホームページでは、それらの情報が右の図のように記載されます。
※色票がなかったり共通事項により一部が省略されている場合もあります。

色票は「LumickColor繊維プリント用インク」をプリントした加工面を撮影し、肉眼で見た時の印象に近くなるよう画像加工を施して作られています。お客様のモニタ環境や印刷環境により、どうしても実際の色を反映していません。あくまで目安としてご覧ください。

色相の調整

弊社ではお客様がご利用しやすいよう、基本色11色+中間色10色+濁色11色の計32色を定番色としてご用意しております。が、中間色と濁色、基本色11色からお客様でも作ることができるのです。

下の画像はB_Blue 307MベースのStrongトーンを一例とした全色相です。
弊社でご用意している中間色や濁色は、基本色や基本三原色から作られるのがお判りいただけると思います。このデータを参考にオリジナルカラーを作ってお楽しみください。



☆★ One Point ★☆

~暗い色ほど発光が弱くなってしまいます!~
暗く汚い色、つまり三原色を混ぜると発光が弱くなります。近似色、類似色同士で作った色の方が発光が保たれます。